外部のリフォーム


外壁・屋根の塗装替えの目安


屋根・外壁は外観の美しさだけでなく、家の寿命を左右する重要な部分です。 雨漏れに気づかないうちに、
構造部や仕上げ下地部にダメージを与えているケースも少なくありません。
外壁について下記項目をチエックしてみてください。
『よくわからなーい。』という方は、お問い合わせフォームより連絡して頂ければ診断に伺います。(無料)

  1. チョーキング
    表面を触るとチョークの粉のような白い粉が付く状態、これは塗膜が紫外線と雨水によって発生します。塗料劣化の初期症状です。
  2. 塗膜のはがれ・浮き・色あせ変色
    すぐに雨が侵入する訳ではないのですが、紫外線や雨水が壁自体に直接当たるようになるので、
    壁自体の劣化を早めることになります。
  3. 壁自体のひび割れ・かけ落ち
    雨水の侵入の原因となります。
  4. 目地シーリング材のひび割れ・剥がれ、
    このは意外と盲点で、最近良く使われている工場塗装されている塗装サイディングだとシーリング材の上に塗装がないのでシーリング材の劣化が早いです。 まだ外壁が綺麗でも、目地シーリングが劣化している場合が多いです。
  5. カビやコケ
    北面や北西面によくみられます。特にモルタル(セメント)塗り外壁ですと雨で濡れた壁の乾きを遅らせるため内部に影響が出る場合があります。

住宅塗替えシュミレーション


塗替えのシュミレーションができるサイトをご紹介します。


  1. エスケー化研株式会社 エスケー化研株式会社

  2. 	関西ペイント 関西ペイント株式会社
 ▲このページの先頭に戻る